№563 さきたま古墳散歩、、。

日常の24分の1ほど。
小一時間のウォーキングを日課とする中で、最近はさきたま古墳公園を歩くことが多くなりました。
1aDSC01646.JPG



ここにきてケヤキが赤や黄色に紅(黄)葉しています。
赤や黄色に変わることなく褐変して落葉もせず枝先にまとわりつく姿を見ることが多い近在のケヤキですが、おしなべて紅葉の評価が低い今年なのに、ここいらは例外なのかなあと思ったりします。
2a46662.jpg



移築民家の向こうでススキの穂が秋の陽を浴びて銀色に輝いていましたが、思ったような写真にはなりません。
3a46661.jpg

ちなみに、この日はデジカメを忘れてスマホ画像です。
そういえばコンデジの売れ行きが捗々しくないのはスマホのカメラ画像が素晴らしいからだと盛んに言われていますが、スマホ画像では不満。
私のスマホはカメラ画像が優秀との触れ込みでしたが、せいぜいスナップ写真に使う程度です。
それともやっぱり、下手ってことなんでしょうねえ。




新しく整備された一角では芝生も紅葉しています。
芝生も赤くなるんですね。
4a46659.jpg



この日は風が強く、開花期を迎えた皇帝ダリアが青空の元でたなびいています。
5a46656.jpg



こんな日は丸墓山古墳に登る足取りも軽くなります。
6a46651.jpg



なぜって、頂上からは360度、遮るものなく眺望がきくからです。
7a46650.jpg



丸墓山古墳の頂上からは雪を頂いた富士山が遠望できます。
8a46649.jpg



もっと低い稲荷山古墳からも見えるはずでしたが、何故かこの日は見えなくて、ひと月前の画像を引っ張り出しました。
ほらね。
9aDSC01219.JPG

10aDSC01222.JPG



ひとしきり眺めを楽しんだ後、丸墓山古墳を下りたら、カメも散歩していました。
11a46645.jpg

意外に速足だったのは、散歩中の人通りが多い道を横切って別の水場へと一目散だったからのようです。

池や濠などの水場が多いので甲羅干しの姿もよく見かけるカメですが、場所に似つかわしくない外来種とわかった途端に興ざめします。
カメに非などありませんが。



民家の軒先に実る柿の実はその殆どが野鳥の餌となって皆さん食べないのは柿に目がない食いしんぼうとしては残念です。
12a46652.jpg



十月桜が咲いています。
もう1か月以上も満開状態のまま、春の桜と違い花期が長いです。
13a46654.jpg

神川町の城峯山では十月桜と紅葉のコラボがちょうど見頃みたいです。




"№563 さきたま古墳散歩、、。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント