テーマ:

№333  蝋梅薫浴、、。。

午前中に用事を済ませ、家内を誘って『古代蓮の里』を訪れました。 ロウバイが花盛りだとの友人の情報で、善は急げ。 近所なので蓮の時季に何度も行っており、展望台に登ったり、田んぼアートを見物したり、売店を覗いたり、うどんを食べたりと、幾度となく訪れていた『古代蓮の里』ですが、ロウバイが見られることは知りませんでした。 ロウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№320 城峯公園の冬桜、、。

脱線しています、、。 埼玉県の北西端に位置する神川町にある城峯公園の冬桜を見てきました。 今日は朝のうちは風もソコソコあって青空が広がり、紅葉も色付いて冬桜見物にはもってこいのロケーションでした。 冬桜は、そもそも春の桜のように豪華にわっと賑やかに華やかに咲くことはありません。 にしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№319 呑龍様の菊花大会、、、。

笠間稲荷の菊祭り見物が呼び水となり、今日は家内と連れ立って、子育ての呑龍さまでお馴染みの群馬県太田市にある大光院で行われている関東菊花大会を見物に出掛けました。 1時間ほどの近場なので午後から出掛けましたが気温は上がらず、平日のこともあり静かな境内でした。 「第60回 関東菊花大会」と看板を出してありました。 60年も続いているな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№318 笠間稲荷の菊まつり、、、。

きのうは、誘ってくれた友人の車に乗せてもらい、日本三大稲荷で知られる茨城県の笠間稲荷神社で開催されていた菊まつりを見物してきました。 一見は百聞にしかずの通り百花繚乱の菊花の競演や会場風景は画像アップで説明は不要でしょう。 菊の花の香りについては殆ど取り沙汰されませんが、大好きな菊花の香りも存分に堪能しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№302  日中友好の朝顔。。。

「ラストエンペラーに縁の朝顔を作ってみますか。」 とのことで七夕に頂いて翌日蒔いた「日中友好の朝顔」の種でしたが、朝顔の開花としては遅い8月23日から、播種後ひと月半で咲き始めました。 この先当分の間の毎日、鮮やかな赤紫に白覆輪の大輪朝顔の花が殺風景な庭を彩ってくれることでしょう。 この朝顔のいわれについては、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№292  山野草店「不動滝」   ≪後編≫

№291 ≪前篇≫から続く~ ここで販売されている百合は在来種や変種が多いのですが、日本固有の小型の百合が多いようです。 ヒメサユリ、松葉ユリ、夫婦百合、黄花姫ユリ、車ユリ、黄金オニユリ、姫タカサゴユリなどのラベルが挿してあります。 不思議なことに、どれも華奢ですが立派な開花株だというのに、10センチに満たないような小さな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№291 山野草店「不動滝」・・栃木県日光市。。≪前篇≫

植物好きの私が蘭作りを趣味とするようになったのは、1週間や2週間水を与えずとも枯れることはなく手が掛からず丈夫なことがひとつの要因でした。 これまで、上手く作れないので栽培を断念したり手掛けるのを諦めた植物は相当数にのぼります。 山野草については、栽培スペースも余裕も無いので手掛けるのを我慢してきただけであり、元々、大いに興味はあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№289  ヘメロカリス園・・・埼玉県小川町。。。

今日、暑くなる前の午前中にヘメロカリスを観ようということで早めに家を出発し、午前9時に小川町のヘメロカリス園に到着しましたが、着いたとたんに青空が広がり、カンカン照りの有難くない陽気で汗が滴りました。 曇り空のもとでほんわかした写真が撮りたいと思っていましたが、コントラストがきつい画像になりました。 このヘメロカリス園については…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№288 霧のニッコウキスゲ♪・・・・・霧降高原。。。

昨日6月29日、ニッコウキスゲの咲く日光の霧降高原を訪れました。 予備知識なしに車を降りた駐車場から見た数十メートル先のレストハウスを山容かと見間違えるほどの濃霧でした。 駐車場辺りは標高1,345mの表示がありました。 涼しいです。 観光バスでやってきたらしい本格的な登山スタイルの昔娘軍団が嬌声をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№285 黄金オニユリが開花。。。

今朝、黄金オニユリが咲いていました。 夏に先駆けて、綺麗な黄色で今年も元気に咲きました。 涼しげな色合いの黄花です。 昨日は35度超えの暑さでしたが、まだ真夏と違い、夜になって涼しくなるので助かります。 佐渡にも自生するようですが、これは2014年の春に苗で購入した対馬原産の黄金オニユリです。 入手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№284 南会津町 高清水のヒメサユリ。。。

日本固有の百合で、別名オトメユリとも呼ばれるヒメサユリ。 実物は山の売店の鉢植えの小苗しか見たことがありませんでした。 今回、友人の案内で自動車に同乗させてもらい、ちょうど見頃だという南会津町にある高清水自然公園の日本一のヒメサユリ群生地を3人で訪ねてきました。 念願叶って観賞できたヒメサユリは、7ヘクタールの群生地に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№281 野反湖のシラネアオイを訪ねて!!

上信越高原国立公園にあって天空の湖とも呼ばれる野反湖を見下ろす標高1600メートルほどの東斜面の樹林に群生するシラネアオイに会いに行ってきました。 前々からぜひ花時に訪ねたいと願っていた野反湖のシラネアオイです。 このところの真夏を思わせる気候続きで、あるいは後手を踏んだのではとやや不安でしたが、偶々、友人が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№270 八重咲桜草の育種家を訪ねて♪

かねてより花盛りの日に見学したいとお願いしていた八重咲桜草育種家である友達を訪問しました。 庭中が桜草の花で溢れていました。 でも植物好き、花好きの彼のこと、周囲にはそれこそ様々な草木や花々が植えてあり、それらがいずれも季節の移ろいによる出番待ちの状態でした。 天候にも恵まれた午後、目の保養、写真撮影、質問攻めの挙句、貴重種を分け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№268  桜の花散り、桜草の花咲く!!

賑わいが溢れた川沿いに立ち並ぶソメイヨシノの開花も終焉を迎えた。 川面に浮かぶ花びらが流れ下る様は花筏というよりもピンク色の墨流しのようだけれど、こんな風情を的確に表す日本語は意外に見当たらない。 八重咲の桜草のいくつかが綺麗に咲いて庭の一角を彩っています。 新品種の作出を楽しんでいる友人から頂いたもので、株も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№264  雲南オガタマの開花。。

日本における平和の証でもある桜の便りとともに、甘い香りの雲南オガタマの花季が庭に訪れました。 この雲南オガタマがわが家にやってきたのは、確か、2010年の春先だったでしょう。 奥地蘭の先輩宅におじゃました折、ポットに植えた挿し木苗で頂いたものです。 そのときに伺った話では、雲南省を旅した際のこと、ある地方庁舎の玄関脇で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№253  節分草の開花。。。

わが家の節分草は大分県産ということでした。 秩父地方の山道脇の斜面で良く見掛けましたが、この可愛い花を手元で育ててみたくなり、2年前に球根数個と種を入手したものです。 昨年も採り蒔きし、いくぶん賑やかになってきました。 このプラ鉢一杯に群生させたいと思っています。 昨夏以降日陰に置いていましたが日向で管理すべきと友人からアドバイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№239 黄金鬼百合の植え替え。。。

夏に開花した親株の黄金鬼百合4本の地上部は、秋の深まりを待つ前に枯れてなくなっていました。 もっと日陰でしっとりした木陰のような環境が相応しいのでしょうが、そんな場所は無い我が家です。 鉢を空けてみると、親木の球根は大して大きくなることもなく数も増えていません。 現状維持の球根4個を殺菌消毒し、前年と同じ尺口径…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№224  サギ草の開花♪♪

それぞれに好みはありますが、サギ草は、日本の最も美しい蘭のひとつだと思います。 稲穂が風に揺れる時季、流れる清水の脇で、一輪かせいぜい二輪、ポツンポツンと咲く真っ白い花が鷺草という蘭だと知ったのはもう50年も前のことです。 これまでも何度か育てたことがありますが、この地での栽培は厳しいものがあり、管理不行き届きで数年を経ずに枯らして…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№220  岩魚釣り!!

灼熱地獄を逃れ、友達と連れ立って岩魚釣りに行ってきました。 そこは姫川の支流、浮世とは大違いの別天地、真夏の陽射しは強くても鬱蒼とした原生林の木立が遮って木漏れ日は心地良いばかり、渓を吹き渡る緑の風はヒンヤリ爽やか、どこまでも透き通った流れや白泡の中から次から次と岩魚が飛び出してきて、時の経つのを忘れるというよりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№219  黄金鬼百合のムカゴが発芽。。

昨春入手した対馬産だという黄金鬼百合を、ゆったりサイズのプラ鉢で育てたところ6月中旬に開花しました。 種から育てたいのですが、三倍体とのことで残念ながら叶いません。 葉の付け根には可愛いムカゴを着けていました。 間もなく、たくさん着いているムカゴが自然に落下し始めたので採取したり拾い集めました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№201 八重咲桜草育種家の友を訪ねて!!

自然や植物が大好きな友人が交配育種に励んでいる八重咲の日本桜草を鑑賞してきました。 丁度花盛りで、これでもかというほどの数の、色とりどりで様々な形の可愛らしい花、花、花・・・に圧倒されました。 絶滅の危機に瀕して僅かに残った根先を大切に根伏せし、ようよう開花までこぎつけたというコンパクトな小苗の美しく上品な1株に目を引きつけられまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

№200  サクラソウの開花。。。

昨日きょうの好天でサクラソウも開花した。 このサクラソウは八重咲育種家の友達から頂いたものですが綺麗に咲いてくれて一安心です。 2種類を寄せ植えしたら美観を損ねました。 彼岸を過ぎてもぐずついた天気で冷え込む日が続いて暖房やコートの出番も多い今年だけれど、蘭の発芽にも影響があるかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№198 雲南オガタマが開花、、、殺菌剤の散布。。。

潤いをもたらす恵みの雨で萌黄色の木立が目立ち始めました。 ソメイヨシノの開花前に夏日があったり、その後に降雪やら連日の日照不足やらが続いており、今年も初体験的異常気象の襲来を予感します。 冷たい雨に打たれながら雲南オガタマが開花しました。 雨模様の冷え込んだ天気なので例年の甘い薫りを漂わせることも無く、早くも花びら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№163 黄金鬼百合の植え付け!!

黄花の鬼百合を植え替え(植え付け)ました。 原種の百合は、嫌地症状が出易くウィルスが発生してしまいがちですが、普通の赤い鬼百合は至って丈夫です。 百合のウィルスは蘭には伝染しないと知り、今春、対馬原産の黄金鬼百合を入手しました。 5本のうちの1本が開花し、たくさんのムカゴを着け、地上部は秋までに枯れました。 来年はたくさん豪華に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№150 ホタルブクロ!!

これはホタルブクロ。 場所は、信州の秘湯白骨温泉です。 1ヶ月ほど前の画像ですけど、埋もれさせるのもしのびなくて・・・。 ホタルブクロは、田舎の田んぼの土手で咲いていたり、渓流沿いの路傍に咲いていたりとお馴染みの山草です。 ポツン、ポツンと草むらの中に疎生するものとばかり思っていたホタルブクロですが、白骨温泉では、あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№117 春が始まったばかりのフィールドの春。。。

日曜日の午後、夏場を中心に毎年6か月間ほど遊ばせてもらっているフィールドへ、どんなもんかなと下見に出かけてみた。 人里近い麓では、ソメイヨシノが葉桜になっていたが、八重桜は満開の木が多かった。山の斜面のヤマザクラが咲き、渓はまだ春が始まったばかり。 山麓の民家の庭や土手に植えられたシャクナゲがちょうど見ごろを迎えていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№115 キンラン。。。

ゴールデンウィークになると、今年も咲いたかなあと気になるのがキンランです。 キンランはドングリの木のコナラの根に菌根を作りイボタケなどの菌糸から養分を摂取する共生関係に依存して生育している。 単にコナラの木とキノコの菌糸があれば栽培できるというわけではなく、光と湿度と風と土壌が絶妙なハーモニーを奏でるバランスの整った環境が形成さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№108 雲南オガタマが満開。。。

蘭舎入り口脇に置いている鉢植えの雲南オガタマが見ごろを迎えました。 乳白色の花をびっしりと咲かせ、甘い香りを辺りに振りまいています。 小さな挿し木苗を頂いて、かれこれ4~5年ほど育てていますが、奥地蘭などの春蘭と夏蘭の九華の花期の合間に咲くこの雲南オガタマが何故か気に入っています。 どれ程の樹高になるものかよくわかりませんが、現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№103 雲南オガタマ、、、杏黄兜蘭、、、 桜。。。

雲南オガタマ。。。 4月も第2週になり、鉢植えの雲南オガタマが開花を始めた。 肥料不足からか黄ばんだ葉色でそれでも冬を超えて膨らんだ茶色の蕾が弾け、今年も可憐な白い花が開き始めた。100を優に超える花数なので、満開ともなれば甘い香りを漂わせることだろう。 これは雲南省で1枝を分譲してもらい挿し木したうちの1本だそうです。 雲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№88 芳華会の中国春蘭展示会を見学。。。

調布市の神代植物園で23日まで開催されている中国春蘭展示会を22日(土)に見学してきました。 ここ5年ほど、都合がつく限り通っていますが、展示方法から作、花、鉢、培養土まで、私にとっては、いわばお手本です。天候不順を感じさせない力作ぞろいの100鉢余りを繰り返し拝見し、勉強させていただきました。 1週間後には自分たちの展示会が控えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more