テーマ:きのこ

№562 ムキタケなど、、。

津南キノコ狩りのラスト。 毎年のようにブログアップしているキノコの画像は羅列することにしましょう。 ムキタケ。 びっしりと苔生した倒木に生えるムキタケ。 空中を横に這う枯れ木に生えるムキタケ。 立ち枯れて屹立する枯れ木の幹に生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№561 ヤマブシタケ、、。

津南の山でキノコ狩りpartⅡの今回は、ヤマブシタケ(山伏茸)。 前回のマスタケ同様、ヤマブシタケはキノコ狩り本来目的のキノコではありません。 ホテルの朝飯をしっかり食べてエネルギーは満タンで山に入りました。 木々は色付き、落ち葉がフワフワに積もった杣道をカサカサと音を立てながら踏み歩くのは楽しいものです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№560 マスタケ、、。

11月6日から7日、毎年恒例となっているキノコ狩りに出掛けました。 そして、夏キノコとも言えるマスタケに、秋深まった新潟県津南町の山で逢いました。 サルノコシカケの仲間で、サーモンピンク色のものが多く、鱒の身肉に似ていることからマスタケ(鱒茸)の名がついたようです。 見付けたのは平均的なマスタケよりも少し色付きが淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№553 桧枝岐の初秋、、。

草友と訪ねた10月1日の桧枝岐。 秋の気配。 馬坂峠から眺める景色と秋の空、 紅葉している樹がちらほら確認できます。 錦繍の山は間もなく。 林床のゴゼンタチバナが真っ赤な実を着けて。 群生のヤマハハコ。 一際色濃いトリカブト。 殆どの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№552 オオワライタケ、、。

今朝のウォーキング中、公園で、木立の株元に群生する黄色いキノコを見つけました。 8月下旬ころから代わるがわる登場してきた散歩道のキノコ達ですが、スマホやデジカメを向けようと思うほどのものは殆どありませんでした。 それは、なかなか見事で、公園の芝生の奥にあるシイの木の株元に生えていました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№481 撮って楽しいキノコ達!!

キノコの知識がないうえ、その種類は膨大なので、採取した以外は撮るだけ~でした。 そんなキノコのいくつかですが、写真がダメでボツになったのがいくつもあって、残念。 暗がりの中なのでキノコ撮りには三脚が必要ですね。 欲を言えばマクロレンズの・・・。 苔生した倒木に生えていた小さな華奢なキノコ。 つかの間の秋の木漏れ陽を浴び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№480 キノコ狩り、ムキタケ、、。

津南の山ではムキタケも採取しました。 ムキタケは、晩秋、広葉樹のブナやナラなどの立ち枯れた木や倒木に生えます。 どちらかと言うと倒木よりも立ち枯れた木に多く生える印象を持っていましたが、今回は、時期が早かったからか、あるいは雨不足なのか、地面に横倒しになっている倒木や、立ち枯れている木でも株元に多く発生していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№479 キノコ狩り、クリタケ類、、。

今年も友人と豪雪地の津南町へキノコ狩りに行きました。 昨年は雪景色の中だったこともあり、少し早めの決行にしました。 現地の好天続きに照準を合わせたこともあって二日とも上天気。 日当りの良い山のモミジやカエデは赤くなっていましたが、紅葉はまだ始まったばかり。 山に足を踏み入れると、ブナの葉もあまり色づいてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№474  要注意!!、毒きのこ「スギヒラタケ」、、。

スギヒラタケは晩夏から初秋にかけて、苔生すほどに朽ちた杉の古株や倒木に生えます。 先日、友人と出掛けた新潟の山でもたくさん見掛けました。 肌色がかった白いキノコで、見た目も匂いも悪くありません。 スギヒラタケは食用キノコから毒キノコへと180度変貌した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№473  キノコ探し、、。

朝から本降りの空模様で、用土などの準備が整った蘭の植え替えもできないから、ブログ作り。 先日、友人がキノコを確認に出掛けるというので、お願いして帯同させてもらいました。 きっかけは、釣り友がupしたホウキタケのライン画像。 ホウキタケ大好きの友人は矢も楯も堪らず、その翌日、 「ドラえもんの“どこでもドア”が欲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№402  シーズン最後のキノコ採り♪

シーズン最後のキノコ採りに出掛けてきました。 そんな山の幸を美味しく味わうための下処理に手間取り、日付が変わりますが、取り敢えずキノコの山の様子をアップすることにします。 キノコ採りは10日前にも一人で行ったのですが、今シーズン最後ということで、何かと忙しい友人を誘い、急遽交換した冬用タイヤで向かいました。 降雪情…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№400 越後の紅葉、キノコ・etc !!

晴天続きとなった昨日、今月半ばを過ぎたら鉛色の空に覆われてゴールデンウィーク近くまで雪景色になってしまうだろう越後の山へ秋景色を楽しみに出かけてきました。 遠望する山の頂は既に白い装いを纏い、冬はもうすぐそこまで迫ってきているようですが、道々からの眺めはまさに紅葉たけなわ。 そういえば先月末、苗場のドラゴンドラに乗って眼下の紅葉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№395 晩夏の渓、倒木のキノコと不明のラン?♪♪

晩夏の岩魚釣りに訪れた信越境の渓のそこかしこで、秋にはまだ早い緑濃い景色の中、あちこちでキノコを見掛けました。 山道を歩けば、落ち葉をもたげて顔を出している地面に生えるキノコも、枯れ木の株から生えているキノコもありました。 渓流にもたくさんの流木や倒木があって、良く見れば様々なキノコが生えていますが、釣りに夢中になってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№375 武尊山渓で岩魚釣り♪♪  ヒラタケ、ウスバシロチョウ。

昨日、7月9日の日曜日に、後輩の四駆に同乗し、群馬県利根郡にある標高 2,158mの武尊山(ほたかやま)源流部へ岩魚釣りに出掛けました。 まだ積雪の多かった前回、4月22日の釣行は、満足な釣果は得られませんでしたが、今回は10時過ぎの時点で満足して納竿、自然を満喫してきました。 帰路、関越自動車道に掲示されて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

№61 九華の蕾、、  好物、旨か~!!

3年越しで培った「関頂」が遂に着蕾をみた。 自分の手で育て上げたうえで咲かせることが出来そうで、嬉しく、楽しみだ。 「関頂」はその真骨頂を現した花を咲かせるのが難しいらしく、力不足の花で評価を下されがちのようだ。 伺うところでは初花は味わい深く咲くとのことで期待するものの、今春に植え替えているので根張りの未熟が花力に影響を及ぼすの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№58 秋をさがしに!!!

カラリと晴れた青空のもと、秋を探しにぶらり出かけてみた。 山の空気はスカッと乾いて清々しかった。 様々なキノコのオンパレード。食べられるキノコもあるが観るだけ、採らずに撮るだけ。 ノコンギクも、萩も花盛りだ。 吊り花が、緑の葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№56 雲南のキノコ。。。

日本の山のキノコは今後も折を見て撮影に出掛け、ブログアップしたいと考えています。 ところで、雲南省はキノコの宝庫と聞いています。 まだ冬にしか訪れたことがないので少数民族の人々が山で採取した雲南の山のキノコは食べたことも見たこともありません。人工栽培ものや、漬けたり乾燥したものしか目にする機会がなく、土産物店の乾燥スライス松茸は買う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№55 山のキノコは当たり年のようです?。。。

標高1000m前後の林道脇に生えるキノコを見てきた。 いつかキノコの良い写真を撮りたいと思っているが、そのための条件は厳しく、目的を達するのは容易ではなさそうだ。 今年は、たくさんのキノコが生えているように思えた。 タマゴタケは食べられるポピュラーなキノコだが、道路沿いの風通しの良い斜面のあちこちで見ることができた。明るい林床…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more