テーマ:フィールド

№601 ワラビ狩りへgo~、。、。

昨日6月20日、群馬県沼田市の山へ、ワラビ採り大好きの釣り友と二人でワラビ狩りに出掛けました。 ここは15年以上も通い続けているワラビ天国です。 自宅を出たのは3時、現地に着いたのは6時前でした。 自粛緩和で昼過ぎの帰り道はラッシュ状態だったので、頑張っての早起きが大正解でした。 ここのワラビはゴールデンウィーク過ぎから7月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№553 桧枝岐の初秋、、。

草友と訪ねた10月1日の桧枝岐。 秋の気配。 馬坂峠から眺める景色と秋の空、 紅葉している樹がちらほら確認できます。 錦繍の山は間もなく。 林床のゴゼンタチバナが真っ赤な実を着けて。 群生のヤマハハコ。 一際色濃いトリカブト。 殆どの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№519 草木笑う、、。

目覚め始めた沢筋に一枝の山桜が咲いて、新緑に渓が萌えるのはもうすぐ。 春から秋までの半年の間、自然の恵みを求めて入渓するフィールドのひとつ。 最も近場ということもあって足繁く通うというほどではないものの、シーズン中に両手ほどは遊ばせてもらうゾーン。 わが家から2時間半ほど車を走らせた標高800~1000mくらいの山間の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№283 苗場山五合目の源流に湧く秘湯「赤湯温泉」へ日帰り入浴♪♪

5月31日、新潟県南魚沼郡湯沢町三国にある、徒歩でしか行けない秘湯に行ってきました。 楽しく気持ちの良い至福の一日でした。 普段、1時間程度しか歩いたことのない軟弱者の私にとって、往復6時間半を歩いてからのブログアップは無理だったので一日遅れとなりました。 今回、山歩きや温泉が好きな後輩が昔に訪れて良かったからと誘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№230  フィールドで秋を満喫♪          クリタケ、ナラタケ

急に思い立って、Nachuralisutoの友人と二人で秋を撮(採)りに馴染みのfield へ分け入ってきました。 春から夏までの約半年間、ヤマメやイワナに遊んでもらい、木の芽やワラビ採りに興じた標高1000m前後の遊び場は、そろそろ本格的な秋を迎えようとしており、冷気に満ち満ちていました。 目的のひとつ、画像になるキノコをとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№212 ヤマメ時々イワナ!!

昨日から断続的な土砂降りで時には雷鳴が轟き暴風も吹き荒れたこのあたりだが、釣り人としてはフィールドの沢が増水すれば尺ヤマメが強い引きを見せてくれるからと百キロ先の渓流が気にかかる。 それにしても、局所的な豪雨や突風といった天候が目立ち始め、少し離れただけで大雨だったり降らなかったりしており、梅雨でさえも広範囲に雨が降らなくなったかのよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№209  ヤマメ釣りとワラビ採り、春たけなわのフィールドに遊ぶ!!

昨日は早起きして春たけなわのフィールドへと向かった。 およそ2時間で到着した馴染みの渓流でヤマメに遊んでもらい、続いて、芽吹き始めた草原でワラビ採りを楽しんできました。 せせらぎの音をもかき消すほどの春ゼミの大合唱と、のんびりとしたカッコウの鳴き声を聞きながら、羽化した水生昆虫が飛び交う渓流に降り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№203 フィールドの春は始まったばかり!

暑かった昭和の日の今日、フィールドを訪れてみた。 この一帯では庭先や土手などの随所に、土地の人々により植え育てられている色鮮やかな花桃が妍を競っている。 これぞ紅色。新緑の中で、目の覚めるような真っ赤な花桃は印象的だった。 標高1,000mを超える辺りから木々は新緑から霞がかったような萌黄色へと移り変わり、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№142 夏の上高地!!

初めての上高地にて、暫し、涼んできました。 恥ずかしながら、大正池の名前は大正4年に焼岳の噴火によって梓川がせき止められてできたことに由来すると初めて知りました。 そして、夏の上高地は素晴らしく、すべてが期待通りでした。 8月ともなれば日に5万人が訪れるそうですが、梅雨明け間もなくの平日だったので人出はそれほどでなくノンビリと散策…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№128 フィールド・NOW。。。

この数日、大雨だと報道された関東でも場所によっては殆ど降らなかったようです。雨雲が停滞して大雨になった場所と、雨雲の届かない地域があったようですね。 真実を報道しているかのように思われているマスコミのテレビや新聞ですが、いつもこんな程度です。 異常気象だの温暖化だのと言われるようになった近年、梅雨の時季って春なのか夏なのか感覚的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№127 キツネのコンちゃん。。。

薄暮時の定刻になると、毎日、群馬県沼田市利根町根利にある中村屋商店の売店に、ホンドキツネの「コンちゃん」が山から下りて道路を横切り、やってきます。 山菜や地場産の野菜、食品などの売店を営む小林さんご夫妻が4年ほど前から毎日食べ物をあげており、とても野生とは思えないほどお二人になついているキツネです。 私が車に乗り込んでさあ帰ろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№123 ワラビ採りの季節ですよ~!!

この時季になると山菜採りの人たちが挙って山に入ります。 暑くもなく寒くもなし、新緑の山肌を吹き抜ける風が心地良いです。 フィールドに本格的な春が来て、ワラビも芽生え始めました。斜面を昇ったり下ったりしながらワラビ採りを楽しみます。 短期間しかできない山菜採りの中にあって、ワラビ採りは2ヶ月余も堪能できます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№117 春が始まったばかりのフィールドの春。。。

日曜日の午後、夏場を中心に毎年6か月間ほど遊ばせてもらっているフィールドへ、どんなもんかなと下見に出かけてみた。 人里近い麓では、ソメイヨシノが葉桜になっていたが、八重桜は満開の木が多かった。山の斜面のヤマザクラが咲き、渓はまだ春が始まったばかり。 山麓の民家の庭や土手に植えられたシャクナゲがちょうど見ごろを迎えていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№55 山のキノコは当たり年のようです?。。。

標高1000m前後の林道脇に生えるキノコを見てきた。 いつかキノコの良い写真を撮りたいと思っているが、そのための条件は厳しく、目的を達するのは容易ではなさそうだ。 今年は、たくさんのキノコが生えているように思えた。 タマゴタケは食べられるポピュラーなキノコだが、道路沿いの風通しの良い斜面のあちこちで見ることができた。明るい林床…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

№49 盛夏のヤマメ釣り!!

渇水のこの夏、お湿り程度の昨夜の雷雨だったが、急遽、いつもの渓へとヤマメ釣りに出かけてみました。 降りた渓は薄暗くて空気に秋の気配を感じる朝でした。 水量は予想通りで、こんなもんだろうといった具合でのんびりと釣り上がり、8時に流れの脇で朝ごはんのおにぎりをパクついた。 いわゆる朝飯前の釣果はイワナ混じりで、型はイマイチでした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№34 カラ梅雨の渓流でヤマメ、イワナと遊ぶ!!  古都 麗江古城 5。。。

今年も半年が過ぎる。年齢を重ねると年月の流れが速く感じる。つい先日田植えを見た気がするが、もう緑一色の田んぼになっている。きょうは、棚の蘭に、シーズン2度目であり〆でもある液肥を午前中に与えた。そして、午後にたっぷりの灌水をした。。。 きのうは、今年2度目の渓流釣りを楽しんできた。。。 例年なら水量たっぷりの梅雨時の渓流のはずだ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№17 野生ラン 「金蘭」、、 「鐘馗蘭」。。

このあたりの丘陵地や民家の裏山、開発で僅かに取り残された林などでも、けっこう見ることができる。。。 薄暗い林床を照らすように咲くキンランの花は輝き、黄色ではなく金色だ。 決して群れることなく疎生する生態にも共感をおぼえる。 楢の力など借りずとも、鉢植えでも地植えでも1年2年生かすのは簡単だが、増殖や永続栽培は難しいらしい。。。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

№7 春の渓はヤマメ、イワナ、ワラビ、タラの芽、山椒の芽など御馳走がいっぱい!

早起きして向かった渓は水不足ながらも春真っ盛り!自然を満喫してきました。。。 渓流の女王ヤマメ。。。 日光イワナが渇水のため更にオレンジに染まり綺麗。。。 流れの中の岩に生した苔だけが青々としていました。。。 木々は萌黄から新緑に移ろっている状態。。。 藤もこんなふうに満開なのと、まだま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more