№552 オオワライタケ、、。

今朝のウォーキング中、公園で、木立の株元に群生する黄色いキノコを見つけました。
1DSC00883.JPG



8月下旬ころから代わるがわる登場してきた散歩道のキノコ達ですが、スマホやデジカメを向けようと思うほどのものは殆どありませんでした。
それは、なかなか見事で、公園の芝生の奥にあるシイの木の株元に生えていました。
あDSC00922.JPG

2DSC00896.JPG

3DSC00895.JPG



シイの木にはたくさんのドングリが実っています。
4DSC00894.JPG



2本のシイの木の株元に、ぐるりと、成菌から幼菌まで大小の株が10株以上も出ています。
5DSC00876.JPG



オオワライタケ。
言わずと知れた毒キノコです。
見た目は・・・。
6DSC00885.JPG


見事な株でした。
7DSC00884.JPG

えDSC00917.JPG


カサは5㎝以下でしたが、大きく育つと15㎝にもなるようです。
8DSC00877.JPG

9DSC00878.JPG

うDSC00915.JPG

いDSC00914.JPG


シイの根に沿って生えています。
10DSC00889.JPG

11DSC00886.JPG

12DSC00879.JPG

おDSC00920.JPG



辺りには、別の種類のキノコもたくさん見られます。
14DSC00859.JPG

13DSC00863.JPG

15DSC00866.JPG

16DSC00873.JPG




夏の名残のカラスウリの花が咲いていました。
せめて夜明け前だったら花弁のレースも豪華に広がっていたことでしょう。
17.jpg



秋の到来を告げるヒガンバナが咲き始めました。
18.jpg



~追伸~

10月3日のオオワライタケです。
6日が経過して大きく育ち、色濃くなりました。
このところ雨が降っていません。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg




~更に追記~

終焉を迎えた10月9日のオオワライタケ。
昨夜は久しぶりの雨でした。
老菌となって遂に流れ、間もなく土に還ることでしょう。
1DSC01233.JPG

2DSC01231.JPG

3DSC01232.JPG



来シーズン、再び観ることができるでしょうか。













"№552 オオワライタケ、、。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント