№657 台湾クマガイソウの楽園、、。。

①DSC02526.JPG

半年ぶりの再訪です。
“花時季においで”との誘いを受けていたこともあって、群れ咲く台湾クマガイソウを観たくて、家人が対応していただける時間に合わせ、草友と連れ立って訪れました。
満開でした。
②DSC02515.JPG

③DSC02553.JPG



故郷の台湾ではその姿を消し、世界的絶滅危惧種に指定され、里帰りさえもままならなくなってしまっている台湾クマガイソウです。
④DSC02462.JPG

⑤DSC02483.JPG



そこは、たった1本から育てて50年、園内一杯に咲き誇るピンクの花数は、優に万を超えている台湾クマガイソウの楽園です。
⑥DSC02504.JPG

⑦DSC02503.JPG



齢92を数える園主はこのところ臥せっていると伝え聞いていたのですが、庭へと降りて咲き誇る台湾クマガイソウの花々を眺め、”こんなに綺麗な花は他にないよ”とつぶやきながら、今日も話し語らいでくださいました。
⑧DSC02562.JPG



例年4月20日ころが満開とのことでしたが、今年に限って今が満開のようです。
⑨DSC02549.JPG

⑩DSC02540.JPG



腐葉土で旺盛に元気に育っていることは、花の大きさを見れば察しがつきます。
今はまだ開いたばかりで若緑の双葉も、グングンと目を見張るばかりの大きさにまで育ち、圃場を濃緑色に覆い尽くすことでしょう。
⑪DSC02487.JPG



夥しいほどの数えきれない花が同じ方角を向いて、何やら意思表示をしているかのようです。
帳が降りた夜の静けさの中で、彼女らのささやきが聞こえるかもしれません。
胡粉に紅を乗せた、妖しく美しい花です。
⑫DSC02521.JPG

⑬DSC02473.JPG



桃源郷をも彷彿とする景観を醸す薄桃色の台湾クマガイソウの花々に囲まれ、膝を折り静かに佇めば、仄かな薫りが鼻腔をくすぐり、それはそれは至福の時でした。
楽しい時間は瞬く間に過ぎて気が付けば遥かに予定時間を超えていました。
身体に障らなければよいがとの思いで帰宅の途に就いたものです。
ありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月03日 23:52
クマガイソウ、もう咲いてるのですね。
これだけの花は、初めてです!
見事ですね~。
クマガイソウの花は、同じ方角を向いて咲きますね。
2枚の扇型の葉に1輪咲く袋状の淡い色の花は神秘的です。
クマガイソウの花は、仄かに薫るようですね。

園主さまは、1本から育てて50年、大変がご苦労が・・。
これほどの数に育てたのですね。
クマガイソウのお花に元気を頂いてるのでしょうね。
お元気で来年も素晴らしいお花を咲かせてほしいです。
彩雲
2021年04月04日 07:55
心 さま
おはようございます♫

訪ねた栽培場は、昨日は期待通りの花盛りで、写真撮影にも絶好の晴天に恵まれました。
実物はもっと美しいのですが、感激を写し撮ることができません。

日本や中国大陸のクマガイソウとは異なり、台湾クマガイソウは明るいピンクの色合いで艶やかです。
その花がそれこそ無数に咲いているのですから堪えられませんでした。
ほぼ全ての花が揃って北の方角を向いて咲いていましたが、何に向かって咲くのかはちょっと分かりません。
蘭の花の形は神秘的なものも多いですね。
台湾クマガイソウの花の香りを感じたのは初めてでしたが、あまりにも仄かであり、どうやら自分だけが感じ取っていたようでした。

50年前は台湾から導入された苗が山草園で普通に売られていたものの、今では、現地ではほぼ絶滅したそうです。
その間、殆どに趣味者が絶やしてしまっただろう中、枯らすことなく大切に育てられ、よくぞここまで増殖されたものだと感服するとともに、この美しい蘭が台湾に里帰りできる日が来ることを願うばかりです。
ご高齢の園主が体調不良を押してまでお付き合いくださったことに甚く恐縮しました。
修学院
2021年04月04日 13:32
圧巻ですねぇ!!! 目の当たりにすると、息をのむ光景かと想います。 山野草は環境が大事と聞いています。 昔、転勤先からクマガイソウを貰って来ましたがひと夏で消えてしまいました。平地では栽培できないと聞いているので手を出しませんが。 何時か見て見たいもんですねぇ!!!
彩雲
2021年04月04日 16:40
修学院 さま
こんにちは(^^♪

とても綺麗で圧巻でした。
これまでに日本クマガイソウの著名な群落地は何か所か訪れましたが、台湾クマガイソウでは、おそらく、この園を凌ぐところはどこにもないようです。
実は、この台湾クマガイソウ園は修学院様と同じ神奈川県は相模原市内なのですよ。
そして、日本産よりも暑さ寒さに強く鉢植え栽培も可能なのです。