№635 香豆弁蘭「錦喜」、、。。

DSC08931.JPG

「錦喜」は、ちょっと不思議です。
クッキリとメリハリの利いた白黄色の柄が花弁に入る覆輪縞花なのに、葉には全く縞っ気がありません。
縞や覆輪の葉芸があっても花に反映されない(芸が出ない)ことはよくあるようですが、逆に、縞花を咲かせるのに青葉だというケースは少ないかと思います。
葉には目視できないレベルの斑柄があるのかもしれませんが、ハカマや新芽に目を凝らしても見えません。
②DSC00282.JPG

10DSC07340.jpg


「錦喜」は花数少なく観る蘭ではありません。
群れ咲かせて楽しむ花であり、そのように育てることが容易な蘭です。
数篠に分株されていた1鉢を譲り受けて3作した今春、漸う8輪が咲き、本来の観るべき姿に近づいてきたように思えます。
④DSC00265.JPG



どの花にも漏れなく覆輪が掛かり、その殆どに縞も加わります。
たまには総柄の花も咲くのでしょうが、葉に芸が現われないので、ユウレイの心配はありません。
暴れやすい縞芸で、これほどの安定は驚きです。
⑤DSC00270.JPG

⑥DSC00272.JPG

⑦DSC00275.JPG

⑧DSC00279.JPG

⑨DSC00278.JPG



この蘭は、故榎本喜七氏が改良園から買い入れて長年にわたり独占栽培しておられたものです。
氏は、ラベルに【朶々香?】と記した黄白縞花のこの蘭を、何度か展示会に出品していますが、
「何蘭なのか、よく分からん」
と話されていました。

榎本氏は日本を代表する奥地蘭の蒐集家でしたが、ご自分で蘭に名前を付けたことはありません。
個々の蘭の出自や由来をことのほか大切にし、入手時の情報をラベルに書き記しておられました。

爾後、この蘭も主を失って無名のまま一般への普及の道を辿ったのですが、絆が強かった豆弁蘭作りの名人が香豆弁蘭と鑑別し、氏に因んで「錦喜」と名付けています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント