№593 ヒメサユリの開花と実生苗の生長、、。

今朝、ヒメサユリが朝陽を浴びて咲いていました。
1DSC04829.JPG

2DSC04825.JPG



開花株は2本だけ、花は1輪づつで、一方はまだ蕾です。
心なしか昨年よりも色濃いようにも思います。
一年ぶりの甘い香りです。


不治の病のウィルスは、蘭と同様、ヒメサユリにとっても脅威です。
発病させないことと、感染させないことが求められますが、上手くできません。


罹病株の葉にはウィルス斑と呼ばれる病斑模様が表れます。
3DSC04653.JPG

4DSC04655.JPG



ウィルスに侵された球根の鱗片は黒く傷みます。
こうした病株や球根は用土や鉢と共に廃棄です。
5DSC04654.JPG

6DSC04656.JPG



大好きなヒメサユリですが、今年はコロナウィルスの感染拡大により、特定警戒県からの県境跨ぎ移動の禁止等で自生地訪問が危ぶまれます。
今シーズンはこんな光景を目にすることは叶わないのでしょうか。
7DSC04682 (2).JPG



ユリのウィルスは自然界の土壌にはどこにでもあって土中環境バランスが崩れると発症するらしく、発症要因となる環境を作り出さない必要があります。

苗や球根を買っても暖地だからかウィルスを発症させてしまうし、栽培下手なので花数を増やすまで長年にわたって球根を維持することができません。


福島にある高清水自然公園のヒメサユリのパンフレットです。
8DSC04648 (2).JPG



ヒメサユリは種で繁殖します。
種子にはウィルスが伝染しないので実生し、生き残った暑さに強い丈夫な苗を開花させようと企みました。
9DSC07239.JPG



2018年10月、発泡スチロール箱を用いて種を蒔き、山苔を被せました。
10DSC01544.JPG

11DSC03689.JPG



2019年5月の記録画像です。
まだ地上への発芽がみられないとする2年目(播種翌年)に相当数の発芽が見られました。
ただし、毎年播種しようと思って昨年も同様に種を蒔きましたが、発芽していません。
12DSC05451.JPG



文献資料の定説に年を当てはめてみました。

1年目(2018年)秋に種が落ちて土中に入ります
2年目(2019年)地中で根が伸びて小さな球根をつけます
3年目(2020年)小さい1枚葉が地上に現れます
4年目(2021年)大きな1枚葉になります
5年目(2022年)茎が伸びて葉が2、3枚つきます
6年目(2023年)葉が5、6枚になり、待望の花が1輪咲きます
7年目(2024年)以後、花数を増やしつつ毎年開花します

花が咲くまで6年を要するとされています。
順調に育って、花が見られるのは2023年の5月ということになります。


2020年の今年は播種3年目ということになり、初めて小さな葉で発芽するとのことですが、実際には、発芽や生長にはかなりのばらつきが見られます。
大多数は小さな葉で発芽するということのようですが、定説以上に生育が早い個体はかなり多い気がします。


現在の状態です。
3年目、4年目、5年目に該当する3種類の葉姿が見られます。
13DSC04403.JPG



茎に葉が3、4枚ついた個体がいくつかあります。
飛び級したみたいで、来年は6年生になるのかもしれません。
14DSC04406.JPG

15DSC04408.JPG



この春に初めて地上に顔を出したと思われる小さな葉の個体と、昨年発芽したと思われる大きな葉の個体が混じっています。
16DSC04697.JPG

17DSC04688.JPG



注意すべき病気はウィルスばかりではありません、他の病気も発生します。
殺菌消毒をする必要があります。
18DSC04841.JPG



効果的な殺菌剤が分からず、有り合わせの薬を撒きました。
19DSC04745.JPG



この先、定説を覆しつつあるヒメサユリが好結果をもたらしてくれることを願いつつ、栽培を楽しもうと目論んでいます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

佐久良 爽
2020年05月14日 21:35
こんばんは。
ヒメサユリ咲きましたね~♪
それも濃いピンク色で。。。ナイスです!
実生も驚くほどの成長ぶりで驚きます。
この成長は定説を覆すほどの快挙と言えるでしょう~♪
彩雲
2020年05月14日 22:13
佐久良爽 さま
コメントありがとうございます🌙😃❗

今朝見ると、嬉しいことに、わが家でもヒメサユリが咲いていました。
少し色の濃い個体が生き残ったみたいですが、今年もウィルスにやられました。
人間もユリもウィルスに散々やられています。

実生苗は驚きの生育で、来年に花を着ける苗が出るかもしれません。
でも、ウィルスに負けない丈夫な苗が一番です‼️
2020年05月15日 12:08
ヒメサユリが今年も咲きましたね。
ユリはどうしてもウィルスに感染しやすいですね。ヒメサユリも栽培が難しそうです。実生苗は予想を上回る成長ですね。この分では開花も早く見られそうです。
私はヤマユリをうまく育てられないので実生から育てることにしました。播種してから発芽まで1年半かかりました。まだ1枚葉ですが葉が大きくなりました。開花が見られるかどうかわかりませんが様子を見ることにしています。
彩雲
2020年05月15日 14:49
river さま
こんにちは♪

可愛いヒメサユリが今年も咲いてくれました。
毎年、半数は淘汰する状態です。
どうしてもウィルスに侵され、長年作り込むことができませんので、私も実生から挑戦していますが、果たして開花までこぎ着けるでしょうか。

ヤマユリも暖地や鉢では持ち堪えられないみたいで手強そうですね。
やはり実生は年数がかかることでしょうが、成功を祈っております。
2020年05月15日 21:59
ヒメサユリ、清楚なピンクの花が美しいです。
やはり、美しい花が咲くには年月が掛かるのですね。
鉢の中には3年目の小さい1枚葉が見えてますね。
大きな葉、飛び級さんで茎が伸びてる個体も有りますね。
花が咲くまで6年が掛かるのですね。
ヒメサユリはウイルスに弱いようですが・・。
小さな葉が大きくなっていく様子は楽しみですね。
美しいヒメサユリを楽しませて頂きました。
彩雲
2020年05月16日 10:41
心 さま

大好きなヒメサユリですが、なかなか育て切れません。
作り下手に外ならないのですが、暑さにも弱く、買っては枯らし、買っては枯らしを繰り返してきました。
一念発起の実生を試みたものの、開花までこぎ着けたらいいのですが、そこまでには年数が掛かります
おっしゃるように、小さな葉が大きくなっていく様子は楽しいもので、花を咲かせる楽しみに加えての大きな喜びです。

コメントありがとうございました🎶