№591 暖地でアツモリソウ栽培、、。

ウォーキングコース途中のさきたま古墳公園も、全ての駐車場に鎖が掛けられてしまっていました。
何の問題も無かったそうだけれど、同じ場面ばかり執拗に繰り返すテレビ報道などで作り出された風潮により、閉鎖せざるをえなくなったらしい。
せっかく連れてきてもらって、引き返す子供たちが可哀そう。



以前に岩手で撮影した庭に咲く憧れのアツモリソウです。
1DSC03289.JPG




何種類かある日本産アツモリソウの中でも、とりわけアツモリソウは難物の最たるものです。

木陰となる庭が無くて最高気温40度の環境でのアツモリソウ栽培について、常識人は無謀だと非難し冷笑するでしょうね。
一番の近道は寒冷地で育てることでしょうが、そうはいかない事情があります。
そもそも、手を尽くすことでなんとか栽培できたり、尽くし甲斐のある植物でなくては育てる気にならない困った性分です。
夏が暑~い埼玉でアツモリソウを育てるのは無謀かしらと思いつつも、つい・・・。

昨年10月の半ば、ふるさと納税の返礼品としてアツモリソウが宅配されました。
2DSC01292.JPG



さっそく暖地バージョンに植え替えました。
3DSC07641.JPG



3月中旬に発芽。
4DSC03456.JPG

5DSC03455.JPG



5月上旬を過ぎた現状ですが、7月までは問題はありません。
6DSC04716.JPG


残念ながら花芽はありませんでしたが、かえって良かったのかもしれません。
この先、夏越しができたらの話ですが。
7DSC04715.JPG



次に中国のアツモリソウ。
昨年の春先に買いました。
こんなラベルが付いていました。
8DSC03829.JPG

9DSC03832.JPG


ところが、咲いた花は黄緑色でした。
簡単に騙されます。
どうやら、ヘンリーという中国アツモリソウのようでした。
10DSC04747.JPG



今年は、2本に殖えました。
丈夫なアツモリソウのようです。
11DSC04476.jpg



しかし、アブラムシを見掛けたので殺菌殺虫剤をスプレーしたら、花を傷めてしまいました。
12m55593.jpg



それで、花をむしり取り、作に専念させることにしました。
これで来年は4芽に、なんてことはないですよね。
13DSC04710.JPG




最後、蛇足になります。
蘭科植物のノビネチドリです。
わりと大柄で、可愛いピンクの小花が群れ咲いています。
殖えないものの2作目で、これまでのところ従順ですが、今年の作で性質が分かることでしょう。
14DSC04711.JPG

15DSC04712.JPG







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年05月09日 23:39
公園など、駐車場に鎖が掛かっているようですね。
もう少しの辛抱でしょうか・・。
森林公園などは子供たちに開放しても良いかと思うのですが・・。

アツモリソウ、貴重な花ですね。
宅配された時より、大きな葉で立派に育っていますね。
中国のアツモリソウ、淡い緑色の花は神秘的です。
美しい花を咲かせてましたが殺虫剤が強かったのでしょうか。
残念ですが、元気そうな大きな葉に安心いたします。
ノビネチドリ、大好きな花です。
ピンクの濃淡のノビネチドリ、沢山の花を咲かせてますね。
以前、三つ峠を歩いた時、アツモリソウに出会うのを楽しみにしてました。
盗掘が多く、残念なことに鉄柵内にアツモリソウは咲いてました。
彩雲
2020年05月10日 08:46
心 さま
コメントありがとうございます (^^♪

アツモリソウも、盗掘や自然破壊で自生地でもその姿を見ることができないと聞きます。
今年は春になったらホテイアツモリソウを観に行こうと草友と計画していましたがコロナで頓挫しました。

その他数えきれないほど・・、無念です。

出掛けることが悪事と見られる世相の中で、狭いながらもわが家のには愛培している植物があったことがせめてもの救いです。

佐久良 爽
2020年05月10日 10:01
こんにちは。
アツモリソウ、しっかりと育っていますね。
また、中国産も多くく育って。。。
栽培管理がとても良いようですね。
我が家では貧弱に育ってしまってるので回復まで時間が掛かるようで、来年の開花もおぼつかない現状です。
しっかり夏越しさせて、来春の開花を楽しみにしています。
彩雲
2020年05月10日 12:10
佐久良 爽 さま
こんにちは✨😃❗

アツモリソウ栽培はタイトロープです。
育てられる自信も確証もまるでありませんが、難しいとなると手を出してしまいます。
五分五分の成功は宝くじよりも格段に高い確率です。
全てのアツモリソウなどがが難物のように言われますが、実際はそんなことはないというのが実感です。
この続編をブログアップ出きるように頑張ります‼️
蘭遊居
2020年05月17日 23:05
アツモリソウにチャレンジですか?!当地の方言で「小ズクがある」彩雲さん
なら見事な大株に育て上げると期待しています。
私は授業料を払い、撤退しました。
何株も大株に育てていた知人も、アッ と言って、、、。
彩雲
2020年05月18日 11:18
蘭遊居 さま

アツモリソウには手を出すべきではない常識にチャレンジしていますが、温暖化とコロナウィルスでズク無し彩雲は先に滅亡しそうです。

そちらは自然環境に恵まれていて羨ましいなあと思いながら、いつになったらアツモリソウ画像をアップするかと期待していたのに、非常に残念です。

熱帯夜の季節をどうやって乗り切るか、我が身さえも危うい昨今に、アツモリソウは本当に厳しいかもしれません。