№533 九華の芽、、。

7月に入ったが、わが家の九華も幾鉢かは発芽が始まったけど関頂と程梅、南陽梅の発芽はまだです。

蘭作りは、新芽が見えるとホッと安心するものです。

蒸し暑さの中、発芽が遅い傾向の広葉系九華も今週中には土を切ってくるでしょう。


そんな九華の発芽状況を観ていたら、こんな・・・。
画像


葉先からの枯れ込みの酷さに、株を仕立て直すべく小割りした「端蕙梅」だと思いますが、ズボラなのでラベルを挿していません。
新子とともに、後木側から伸び上がっていたのは蕾です。
こんな経験は初めてです。

2輪だけのようですが、果たして時季外れに開花するか見もの。
そして、なぜ今時分に花芽が着いたのか、原因を探りたいような、面倒くさいような・・・。
画像




どうやら馴染んだ様子の新入り九華にも新芽が出た。
今春の蕾は伸びず終いとなり、花をまだ見ていないのだが、実は大いに期待している。
画像




硬葉独特の薙刀のような新芽。
画像




情けないことに、ほかの2芽は画像で初めて気が付いた。
都合3芽は予想外で、大型草姿を保つためには何らかの手を打つ必要がありそう。
画像




大好きな「大一品」の新芽は花同様に素直。
画像




「適圓」はこの春に四方鉢から丸鉢に植え替えた。
四角形の中国古鉢は丸鉢よりも作が難しいし、抜き出すのに難儀する。
袴やら外葉の褐変を見れば、無理強いしてきたことがバレます。
元気な新芽を綺麗に育てるのが目標です。
画像




葉先が枯れ込まない系統の「端蕙梅」にも新芽が伸びていますが、細葉系はゴチャゴチャしていて新芽が何本なのか良く分かりません。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック