№520  渓流シーズン初釣行、、。

長過ぎGWが明けるのを待ちきれず渓流釣りに出掛けることとなった昨日、5月4日。
3時半に出発し釣友の車に乗せてもらって7時に到着した片品川支流の渓流は気温7度でした。
今年は暖かいようです。
途中には、釣り師のグループが見られましたが、我々の入渓地点では一組だけでバッティングはしませんでした。
水量はまずまず、水温もそこそこ、気温もまあまあで、爆釣はありませんがそれなりです。
盛期になれば面で釣れますが、まだ点で釣らなくてはなりませんので、面白みが少し欠けます。
画像



それでも、こんなところは山女魚の気配がします。
画像



ここでは、こんな山女魚が釣れました。
もうひと月もしたら、太って体高も見事になることでしょう。
画像



いかにもイワナが潜んでいそうなポイントです。
画像



左側の、白樺の倒木の向こう側の落ち込みには底にイワナが着いています。
画像



右側の朽ちた倒木下の陰にもイワナが餌を待っていそうです。
画像




結局、真ん中の深みから魚信がありました。
画像



釣れ上がったのは、サビも無い綺麗なイワナでした。
画像



次々とあらわれるポイントで、混棲しているヤマメとイワナとのやり取りを楽しみながら、これ以上ない程のスローペースで2人のんびり釣り上がり、竿を畳んだ時間はとっくの午後でした。
画像



これも道草と言うんでしょうか?
釣りは半分以下、カメラ片手にあっちこっちで植物の写真を写して楽しみました。

流れの脇のあちこちに生えたワサビが白い小花を着けていました。
氾濫の度に流されては根付いたらしく、至る所に見られます。
画像


画像



フキノトウはまさしくトウが立った状態です。
もう誰も見向きしません。
画像



夏の終わりころ真っ赤な実を着けるニワトコが、流れにせり出した枝に地味な花塊を着けている。
画像



葉っぱに虫食い孔があると思ってよく見たら、ヒェッ!、もう毛虫が・・。
画像



流れを外れ、山付けの林床を歩いてみると、エンレイソウがあった。
なんでもないような草花でも個人的には思い出深い記憶があって、このエンレイソウもそのひとつ。
画像




杉林の中に差し込む太陽の光が当たっているエンゴサクがあって、良い味を出していた。
味わいを写し取ろうとカメラを向けたが、結局こんな画像しか写せなかった。
カメラマンにはなれたとしても写真家にはなれない。
画像



そういえば、黄色いエンゴサクらしい群落があったが、背景が汚らしいので別の場所でと思っていて写し損ねた。あれも仲間なのだろうか。



日陰の川べりに鮮やかなピンクの花の日本桜草があった。
咲き始めたばかりのようでした。
画像


画像




クマザサの生えた砂地が掘り返されたようになっている。
ヌタ場もあちこちにあった。
イノシシの仕業だ。
鹿やら猪にはマダニが寄生しており、厄介で危険だ。
農作物や高山植物などの食害については声高に聞こえてくる。
本当はマダニの方が命取りになるほど恐ろしいのだが、誰も何も言わない。
画像



釣りからだいぶ脱線してしまった。
二人とも釣果に満足して竿を畳み、渓から上がって杣道を歩き始めると、鉛色の空からポツポツと雨粒が落ちてきて、けたたましい雷鳴が鳴り響きました。
春雨だ、濡れて行こう。なんて、幕末の志士のようには言っていられないと思ったりもしたのですが、落雷が怖くてカーボンロッドが振れるか!と、構わず濡れることにしました。
まあ、濡れるほどの雨ではなかったけど。

農道端のピンクのツツジはミツバツツジ?
画像




山ツツジのような橙色のツツジはまだ蕾。
画像




雑木林の中では、イカリソウが花盛り。
画像


画像




ワラビも顔を出していました。
画像




白っぽい花の山桜の老木が味のある姿を見せてくれました。
画像




車に戻ってから、少しだけ足を延ばすことを釣り友に提案し、針山の天王桜を見に行くことにしました。親友から見頃だと教えてもらっていたのですが、ピッタシのタイミングで花盛りの天王桜を今年も見られました。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年05月06日 00:15
趣味が広い上に色々な面で造詣が深く羨ましき限りです。いつもそう思いながら楽しませてもらっております。
2019年05月06日 07:53
白頭翁 さま

顔が赤くなるようなお言葉に、恥じ入るばかりです。
多趣味が良いかどうか、無趣味よりはましかとは思いますが、犠牲が伴います。
帰りの日帰り温泉を楽しんだり、美味しい蕎麦に舌鼓を打ったこと。
その日の夜、寝ていて脚が攣って酷く痛い目に遭ったこと(びっくりした家内が揉み解してくれました)。
釣友に教えて採取したワサビの即席漬けが美味しくできたらしく、彼の家族の評判が良かったらしいこと。
などなどいつも書ききれません。
2019年05月06日 22:29
今年も渓流釣りのシーズンが始まりましたね。私は釣りの趣味がありませんので釣りの醍醐味はわかりませんが何となく楽しそうなのはわかります。私は山歩きをしますので時折渓流釣りの人を見かけることがあります。よくこんな奥まで入れるなと思います。山の花も咲き出しましたので山歩きを再開しようと思っています。
2019年05月07日 07:00
river さま

今年は遅い始動となりました。

中国に「一時間幸福になりたかったら酒を呑みなさい。三日間幸福になりたかったら結婚しなさい。・・。一生幸福でいたかったら釣りを覚えなさい。」という有名な古い諺がありますが、付け加えるなら、さしずめ『刹那の楽しみで一生苦しみたければ麻薬をやりなさい。』でしょうかね。


この記事へのトラックバック