№424 サギソウの球根植え付け、、。

画像



鷺草の球根を植え付けました。

失敗を繰り返していたサギソウですが、昨年、珍しく花が咲いて球根ができたものです。
栃木のウチョウラン展を観に行った折に買い求めた無地のサギソウと、近所のホームセンターで買った白覆輪の銀河の2種類です。
殖えたので、先日、草友に分けてあげました。

晩秋に掘り出した球根をビニールの小袋に入れ、湿らせたミズゴケと共にレジ袋に入れて屋外の棚下で冬を越しましたが、ミズゴケは時々凍っていました。
画像



この鉢に2種の球根を植え付けることにしました。
昨年、花を咲かせることが出来たのは、この鉢が効を奏したのかもしれません。
口径21㎝、高さ7㎝の浅い陶器鉢です。
画像


画像



信楽焼きみたいですが、よく分かりません。
落款は「明山」かな?
画像



底穴にビニールの網を敷きました。
画像



鉢底に焼き赤玉土の大粒を一並べ。
画像



根腐れ防止材も入れました・
画像



ミズゴケを3~4㎝ほど、ややふんわり状態に敷き詰め、中央に、石を据えました。
石は、2種類のサギソウを調和させる美観の役目が主です。
画像



石を中心として左右別々に、無地と覆輪のサギソウの球根を植え付けました。
先端が丸く平らなピンセットを使い、芽を上に向け、ミズゴケの中へ埋め込むようにしました。
その上に更にミズゴケを少し被せませした。
画像



次に、砂を被せました。
使った砂は、使い残しの朝明砂です。
微塵の無い、荒目の、風化した花こう岩のような砂です。
実は、昨年、この砂を使いました。
画像



最後に、水中へしばらくの間ドブ浸けして、馴染ませました。
植え付け後は乾き易い鉢植えですが、時として命取りになったり夏場の生育が芳しくなかったりすることもある蘭は、こうすることで栽培成績が上がるような気がしています。
画像



完了です。
さあ、今年も真っ白な翼を広げ、美しく羽ばたいて見せて下さい。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2018年03月04日 17:06
浅い平鉢で大丈夫なんだね。。。
私も負けないように良い花を咲かせたいですね。
彩雲
2018年03月04日 17:17
佐久良 爽 さま

この鉢は浅いすり鉢状ですが、なにせ昨年使ったら上手く出来て、それまで何度も失敗したサギソウなので、味をしめたのです。
天候のせいだったのかどうかは、今年の夏が正念場なのです。
2018年03月05日 08:28
サギソウは基本的には丈夫で良く増える植物です。1年で2~3倍になります。浅鉢植えは見栄えがしますね。水切れと夏の暑さ対策がポイントです。ですが私は特に注意せずに育てています。昨年は置き場種が悪く失敗して増えませんでしたが全ての種類が絶えることはありませんでした。今年は少し気を付けて栽培します。
2018年03月05日 08:45
river さま

おはようございます。
大好きなので毎年のように買い求めてチャレンジしても失敗を繰り返したサギソウですが、昨年は久々にうまくできました。
あるいは昨年は冷夏だったからかもしれませんが、毎日たっぷり水やりする必要があるように感じましたので、そんな鉢内環境をと考えました。
的外れで、また失敗するかもしれませんが、名人のriverさんに少しでも近づきたいです。

この記事へのトラックバック