№36 豆弁蘭覆輪3種の新芽! 富貴蘭の花、、 マルバアサガオ。。

早々に梅雨が明け、強い陽射しとともに一気に真夏になってしまいました。
棚の奥地蘭は、発芽が遅れている株の新芽がやっと土を切った矢先なので、愛蘭家としては、この先半月ほどは梅雨に居座ってほしいところでした。こんな年は秋の訪れも遅く、酷い残暑が9月遅くまで続くでしょうから、蘭の夏対策は3ケ月近く必要だろうと思われます。夏は蒸れ対策だけを念頭に作を心掛ければいいと高をくくっていましたが、今年はそうはいかないことになってしまったようです。できるだけ長い期間、旺盛な生育を阻害しない管理を優先しなくてはならない。夏バテ状態の兆しが見える前に蒸れ対策に切り替えることになるので油断できない!

以下の画像は、白覆輪(79)と黄覆輪(46)と橙覆輪(61)の花を咲かせる豆弁蘭のそれぞれの新芽です。
葉の覆輪の色と花の覆輪の色は一致しないことも多い豆弁蘭ですが、良く比較観察すれば予想できるようになるのかもしれません・・・。
画像



画像



画像




蒸し暑い夕方になって、辺りに甘い香りを漂わせる富貴蘭・・・
画像



画像



画像



画像





マルバアサガオは、梅雨が明けて、毎朝50~100輪咲くようになった・・・
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

Yu
2013年07月11日 09:20
お早うございます。
彩雲童子さんのブログはとても勉強になります。
この夏を乗り切るヒントをこれからも教えてください。
富貴蘭も朝顔もきれいに咲きましたね。どれもお手入れ
が行き届いているのが解ります。
2013年07月11日 13:12
Yuさん、くすぐったいお言葉で~すぅ!
ここの記述内容は根拠に因ることなく直感的なものが多くて無責任ですので 惑わされないでくださいね。
夕刻ともなると、風らんの花が今を盛りにバニラにも似た甘い薫りを漂わせます。でも、蒸し暑いのは苦手です。
kumasann
2013年07月13日 09:48
今年も日本トップクラスの暑い街での蘭作りが始まりました、昨年夏弱った株数株が早くも枯れてきました、新芽の伸びと乾かすという問題に直面しています。色々ヒントをお願いいたします。
117
2013年07月13日 23:13
豆弁蘭の白、黄、橙覆輪花、葉の覆輪と共に並べて鑑賞したいですね。
2013年07月15日 18:23
kumasannさん、暑いですね!としか言いようがありませんねぇ。こうなると、夕立頼りです。
日陰側の寒冷紗は開けて、外気が抜けるようにされたらよろしいかと存じます。
2013年07月15日 18:28
117さん、こんにちは。
良いコメントを頂戴しました。
さっそく、来春の展示会では、豆弁蘭覆輪を並べた展示コーナーに挑戦をしてみたいと思います。
これからも、良い知恵をお授けください。

この記事へのトラックバック