雲南の蘭を楽しむ。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 450 岩手自然探訪 〜野の花編〜

<<   作成日時 : 2018/05/27 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 2

5月第4週の3日間、岩手県内陸を訪ねてきました。

今回は、あちこちで出会った山野草などです。

まず、シラネアオイ。
この数年、植栽や鉢植えのシラネアオイは随分見ましたが、こんなふうに自生地で自然に咲いている姿は見たことがありませんでした。
画像



岩手山の前座のような鞍掛山は幼稚園児も登っていた標高897mの低山でしたが、自生するたくさんのシラネアオイに出会えました。
画像



特に、北側に面した登山道脇の藪の中には、いっぱい疎生していました。
かなりの個体数ですが、その殆どが1本で、ほぼほぼ、株立にはなっていません。
実物の花色は濃淡や青みの違いがいくらかありますが、画像はカメラの撮影設定の違いによるところがかなりありますのでご容赦下さい。
画像


画像


画像


画像



そして、登山道を下っている時、木立の奥の笹越しに、白い花を着けたツバメオモトを見付けました。

笹薮の中へと数メートルほど踏み込み、見付けたツバメオモトの写真を同行の友人と二人して撮っている時でした。

傍らの立木の幹の陰から、突然、目の前にシラネアオイの白い花が現われました。

いきなり至近距離で現れた白花のシラネアオイにはびっくりでした。

「白花あったどー!」
とは叫びませんでしたが、すぐ友人に知らせ、二人でまじまじと見ました。

花びらが少し痛んでいましたが、紛れもなく白花でした。

周りに咲いているシラネアオイの花はどれも薄紫の普通の花で、白花は1本だけでした。

なるほど、変異個体の実生苗はこうして芽生えるものなんだなと知りました。

まさか、自生するシラネアオイの白花に逢えるとは思ってもおらず、二人して大喜びしたものです。
画像


画像


画像



このとき白花シラネアオイへと導いてくれたツバメオモトです。
画像


画像



ツバメオモトの自生を見るのも初めてでした。
近くにもう一株ありましたが、これら以外のツバメオモトを見ることはありませんでした。
画像



林床では、よくよく見ると様々な花が咲いていて、実も着けています。

アオキが真っ赤な実を着けていました。
画像


画像



雌雄異株だというアオキの雄花が咲いていました。
画像



実が辛いというコショウノキが小さな白花を咲かせていました。
どんな実を着けるのでしょうか。
画像


画像



登山道でも様々な花が咲いていました。

残念ながら開花にはもう少しのササバギンラン。
小さなギンランよりも大きな草体で、キンランと同じくらいのボリュームです。
画像



可愛いスミレがあちこちに咲いていました。
色々な花色を見掛けましたが、どれも名前は知らないのです。
画像



木陰に咲いていた黄花のイカリソウ。
画像



ルイヨウボタン。
確かに牡丹の葉姿とよく似ています。
自生を見たのはこれも初めて。
画像



実を結んでいるカタクリ。
どこにでもと言えるほどたくさん見られましたが、花はとっくに終わっています。
その殆どが結実しておりました。

そういえば、宿のご主人が
「ここいらじゃ、カタクリでもフクジュソウでも雑草だ〜。
道端にいくらでも群生して咲くよ〜。」
と言ってました。
画像



キイチゴの斑入り。
真っ白な覆輪。
画像



ナルコユリの斑入り。
極めて珍しい赤銅色の斑。
陽の光を受けると虹色に輝き、その場に座り込み、しばし見入りました。
画像



不明草の斑入り。
沢筋の木陰で、フキやワサビに混じって生えていた植物ですが、名前は分りません。
散り斑縞。
画像



ズダヤクシュ。
喘息の薬にした薬草のようですが、苔生した岩に咲く様は野趣溢れるなかなかの風情です。
画像


画像



渓流脇で、フキやミツバの中に咲いていたノビネチドリ。
大水が出れば容易く流されてしまいそうな礫地にポツンとたった1本だけ。
それほど珍しくないなんて著されてもいますが、初めて見ました。
画像


画像



渓流に面した岩場で、萌える新緑の中に咲く、赤、橙、ピンク、白と、色とりどりのツツジ。
画像



要注意!!
画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お帰りなさい!!
無事に帰ってこられて、良かったですね(笑)

今回は、山野草編なんですね。
彩雲さんがこれまで見たことが無いシラネアオイの白花を初めとして、私には、ほとんどの花が初めて知るものばかりで、楽しませていただきました。
真新しい、クマさんの糞にはびっくりされたことでしょうが、近くに生息しているんですね。

次編の、渓流釣りも楽しみにしています!!!
桜島
2018/05/28 06:50
桜島 さま

無事に帰着し、体力的に3泊が限界の齢を思い知りました。

今回、無垢のシラネアオイを存分に楽しむことができたうえ、万が一の確率であろう変異の幾つか、更に、アップするわけにはいかない稀少品種などにも遭遇することができて感謝、大満足でした。

場所によって山菜を食べ散らかした真新しい痕跡があったり、気配を感じて何度か身構えましたが、姿を見ることはありませんでした。

イワナ釣りのことは少々お待ちください。
彩雲
2018/05/28 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
450 岩手自然探訪 〜野の花編〜 雲南の蘭を楽しむ。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる