雲南の蘭を楽しむ。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 385 小国川・閉伊川水系で岩魚・山女魚釣り、、。

<<   作成日時 : 2017/08/27 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 4

釣り仲間3人で岩手県での渓流釣りを楽しんできました。
画像



三泊したのは、今年もお気に入りの宿“川とんぼ”です。
宿のことは、別に書きましょう。
画像



初日の夕方と2日目の午前中はコンディションも良く、ヤマメ主体の釣りを沢の本流筋で楽しみました。
放流も盛んに行なわれているようですが、天然孵化の稚魚も多くて、リリースが面倒なほどでした。
おのずと淵や深みで大型をねらいましたが、そのたびに幅広の太ったヤマメが竿をしならせ、時にはヒュンヒュンという糸鳴りを楽しんだり、スリルを感じたりしました。

川沿いの道は昨年の台風で崩れたり電柱が倒れていたりしており、復旧はまだまだ先のようです。
画像



淵というほどではありませんが、“地蔵淵”の名前や由来が説明書きされた看板がありました。
土砂で埋まる前はきっと大きな深い淵だったのでしょう。
そして、ここで釣れたヤマメです。
画像


画像


画像



この夏の雨続きにより渓相は水量豊富で、こんな感じでした。
画像



型の良いヤマメの引きは格別です。
綺麗なヤマメ画像をたくさん撮りたかったのですが、釣る方が忙し過ぎで写真撮影がおろそかになりました。
いつもそんなもんです。

餌は、買っていったブドウ虫一辺倒です。
丹念にじっくり攻めれば尺上が出たことでしょうが、あちこちで釣りたい気持ちが強かったので丁寧さに欠け、大型には会えませんでした。
画像


画像


画像


画像



イワナはあまり出ませんでしたが、それでも、この淵尻で丸々と太ったこんなイワナが釣れました。
画像


画像



2日目の8月24日は午後になって激しい雨降りになり、一晩中、降り続きました。
テレビを見ると、岩手県下は大雨警報が出ていました。

翌日、雨はあがったものの、どの河川も両岸まで増水し、茶色く濁った水は猛り狂っています。

“川とんぼ”前の川も、まるでカフェオレです。
画像



沢は沸き立っていました。
画像



3日目の釣りは断念し、昨日釣ったヤマメを宿の庭にレンガでカマドを設え、備長炭で焼いて食べました。
やはり炭火焼きだと一味もふた味も違います。
旨い!!
画像



その後、釣りが出来ない我々を憐れんだ?宿のご主人が、次回にと、取って置きの隠し沢を案内してくれました。
宿のご主人、年に数回は渓流釣りをやるそうで、そのたびに40も50も釣るようです。
色々と手ほどきを受け、秘伝を伝授してもらいました。

そして4日目最終日の朝、前日案内して頂いた沢で中身の濃い岩魚釣りを存分に堪能することができました。
車載温度計を見ると外気温は15度、水温はかなり低めで、フライには厳しかったようです。
濁りは収まったものの水量はかなり多いため渡渉はできませんが、ポイントには事欠きません。
画像


画像


画像


画像


画像



釣れ上がる岩魚は丸々と太っています。
沢は木々に覆われており、エサも豊富なんでしょう。
この沢での釣りに、私は宿近くで堆肥から採取したミミズを使いましたが、エサは何でも良さそうです。
画像


画像


画像


画像


画像



この辺りは山の傾斜も緩やかで、いかにも熊が棲息している雰囲気で、随所に「クマ出没注意」の看板があります。
もちろん熊避けスプレーも携行しておりますが、気軽に釣行できるようなところではありませんでした。
画像


画像





旧川井村のこの地も8月に入って降らない日はないほどの雨続きだったうえ、出掛ける前夜には宿の女将さんから「今夜は台風並みの大雨だよ。」と連絡してくるほどだったりで、訪れる前から川は増水していたようですが、2日目の午後からまた豪雨になって大増水し、今年も平水時の渓相を知ることはできませんでした。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大漁の渓流釣りの旅、お疲れ様でした!!

聞きしに勝る、釣果でしたね!
今回は、花の写真が少なかったので、釣れすぎてそんな余裕も無かったみたいですね(笑)

次回の、ブログ楽しみにしています。
桜島
2017/08/27 22:43
桜島さま

行ってきました、みちのく渓流。

たくさんの美しい山女魚と遊び、これ以上ない岩魚の渓を満喫しました。
ほんの数十メートルで型揃いを魚籠一杯釣る技に、”岩魚は足で釣れ”の格言は何だったんだろうと、違う世界を見た思いでした。
彩雲童子
2017/08/28 09:06
こんにちは。
渓流釣りを楽しまれた様ですね。お宿の方から秘伝も伝授して頂き良かったと思います。大きなサイズのヤマメやイワナが釣れて素晴らしい釣り場です。子供の頃に紀ノ川の中流域で、ハスやウグイを釣った事を思い出します。
華の熟年
2017/08/28 11:36
華の熟年さま

コメントありがとうございます。

岩手での渓流釣りは二度目でした。
何処に限ることなく、出掛ける度に新たな出会いや経験があります。
想い出の引き出しに、また一つ宝物が増えました。
彩雲童子
2017/08/28 13:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
385 小国川・閉伊川水系で岩魚・山女魚釣り、、。 雲南の蘭を楽しむ。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる