雲南の蘭を楽しむ。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 348 咲き分け蓮弁蘭「錦梅水仙」、、。

<<   作成日時 : 2017/03/31 20:53   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 2

この蓮弁蘭は、2015年に218で蓮弁蘭「兜花」としてとり上げています。
毎年開花して芽吹きもよく、花着きの良い丈夫な蓮弁蘭です。
画像



無名品で入手したものですが、後年、分株の嫁ぎ先で「錦梅水仙」と名付けてくれたので、我が家の株にもその名前を書いたラベルを立てました。
名前が付くと、蘭が表情豊かになった気がします。
もちろん自分勝手な妄想ですが。

そして、傲慢な登録制度は無い自由な中国奥地蘭なので、しがらみなく名付けることができて便利です。


この「錦梅水仙」を楽しむには一株の中で水仙弁花と翠桃咲き花の両方を咲かせる必要があります。

兜を有する蘭の中には花型を咲き分けたり花型の変化を見せるものがあります。
特に九華にはその傾向の強い品種があります。
そして、1花茎の中で咲き分けることはせず、花茎ごとに咲き分けるようです。

従って、この「錦梅水仙」も複数花茎を持たせれば、一鉢の中で咲き分けを楽しめます。
この花茎に着いた花はどれも水仙弁です。
画像



こちらの花茎に付いた花はいずれも翠桃咲きをしています。
画像



この株には都合4本の花茎が上がっていますが、半々に咲き分けています。
昨年も同じような割合だったように思います。
画像



花弁を染める赤褐色の模様や濃淡は花毎様々で一様ではありません
色合い的には地味ですが、趣のある蓮弁蘭でしょう。


これに良く似た咲き分けの蓮弁蘭がネットワーク画像にありますが、そちらはチャボだということですので別種のようです。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蘭が花型を咲き分けたりするとは知らなかった。。。
不思議なことですね。
遺伝子の関係ですかね。。。桜草では花模様(絞りと単色)が異なるものはあるけど、花形が変わるのは知りません…
佐久良 爽
2017/04/01 13:39
佐久良 爽さん こんにちは(●^o^●)

マニアックな記事へのコメントをありがとうございます。
ここに書いた咲き分けの理由や兜との因果関係、メカニズム等については、いまだ楽しく解明中です。
彩雲
2017/04/01 16:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
348 咲き分け蓮弁蘭「錦梅水仙」、、。 雲南の蘭を楽しむ。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる