雲南の蘭を楽しむ。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 344  一茎九華「関頂」の蕾が、、、。

<<   作成日時 : 2017/03/21 18:50   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 4

今年も4月29日に近在の蘭友らと九華の観賞会を予定していますが、持込予定株の「関頂」の蕾がもう伸び上がっていて、焦りました。

迂闊にも、それに気付いたのは三日前のことで、葉陰で花芽は10センチ以上に伸長していました。
わが家の九華は軒下で越冬しますが、植替え後の養生にとこの鉢だけ蘭室内で管理していました。
花咲く奥地蘭などにばかりかまけて、目を掛けていなかった手落ちです。
画像



「関頂」は昨年の秋に株を二分して危険分散を図りました。
その際、この品種は植え替え株の蕾を欠き取るべきであることは重々承知しておりましたが、今春の観賞会のためにと、親株の花芽を一個だけ残していました。
急ぎ、蘭室から出して外気に晒す作りに変えたのですが、今日は折からの春雨に打たれて生き生きしており、更に伸びそうな瑞々しい花芽です。
画像



このままでは4月上旬に咲いてしまうので、徒労に終わるやもしれませんが寒い場所に移して管理することにしました。

赤茎品種は開花後の日を経て花色が濃くなりますが、関頂の花も緑や紫、赤の色合いが深まり、一層の渋味を感じられます。
理想の花色、花茎の伸びなどのために、水遣りや採光の工夫が求められるところですが、予定外の事態です。
なんとか観賞会まで花を持たせないとなりません。


ついでに他の九華を見ると、どれも花芽の動きは僅かのようです。
これは程梅の蕾ですが、これなら観賞会に照準が合わせられそうです。
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「関頂」の蕾が伸び上がってきましたか。展示会に開花を合わせるのは大変ですね。管理の御苦労、お察しいたします。
river
2017/03/22 06:43
おはようございます 関頂の小株があります。大株が作落ちしたのですが、何とか立て直したいと思っています。それにしても関頂は昔から希少品ですね。彩雲童子さんのように根っからの植物好きで、植物の気持ちがわかる人でないと作れないような気がしています。
117
2017/03/22 07:09
riverさん
おはようございます。

蕾が伸びあがっていてビックリしました。
九華は仲間内の観賞会なので、少しは気楽です。

展示会を気にせず自然に咲かせれば良い花が咲きます。
そんな花は専ら写真撮影用としています。
出品参加するだけなら気楽でしょうが、展示会を主催する立場になると責任重大です。
でも、私どもの中国奥地蘭愛好会はメンバー6名全員が主催者なので心強いのです。

お心遣い感謝します。
彩雲
2017/03/22 07:30
117さん
おはようございます。

九華はなんといっても植替えしないことだと思いますが、そうもいきません。
結局、植え替え時に根やバルブを傷付けないこと、どぶ漬けなどで充分に水を吸わせることだと考えています。

関頂は小木から成木に仕立てるのは至難ですね。

私も痛めないように大切に育てたいと思っています。
彩雲
2017/03/22 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
344  一茎九華「関頂」の蕾が、、、。 雲南の蘭を楽しむ。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる