雲南の蘭を楽しむ。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 337 雲南の蘭 朶朶香「金上梅」、、。。

<<   作成日時 : 2017/02/13 18:55   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

朶朶香「金上梅」花画像の掲載には気を遣います。
なぜなら、ほかの黄花がどれも色褪せてしまうから。
とは言っても、一昨年の春にもブログアップしていますが、、。

「金上梅」は鮮黄色で開花し、後冴え気味に更に日を追って濃い黄色になります。
開花後、2週間経っても3週間が過ぎてもキリッとした花型のまま、肩が下がったり捧芯が開いたりしません。
黄色の花弁中央に赤線を通すため、遮光して発色を抑えた方が濁りの無い黄花になります。
画像



葉姿は中型の朶朶香らしい中立ち葉ですが、惜しむらくは古木の葉は持ちが悪いのです。
花着きの良い蘭の宿命なのかもしれませんが、数年を経ずして葉先から枯れ込むことが多いので、葉枯れしない上作ができるように腕を磨かねばなりません。
今年の課題です。

2週間前に撮影した、開花して3〜4日の花です。
先日披露した蕾が花開いたので背景紙を使って撮影したのですが、安物のコンデジに光不足は致命的で沈んだ画像になってしまいました。
画像



春の日差しとなった今朝、棚場で写しました。
自惚れて観れば、自然光で映える花色に感じます。
画像


画像


画像


画像




「金上梅」の名は入手時に既に付いていたものであり、どなたが名付け親かは知りません。
そして、名に“黄”でなく“金”を用いた真意は存じませんが、確かにこの花は黄色というよりも金色に見えます。

黄花と言えば菜の花の色を想起します。
弥勒の田園風景ですが、ちょうど今頃は菜の花が満開でしょう。
画像


時代劇で「山吹色の・・」なんて表現もされる金の色。
画像






◆〜○〜●〜□〜■〜☆〜★〜△〜◆〜○〜●〜□〜■〜☆〜★〜△〜◆〜○〜●〜□〜■〜☆〜★

『中国奥地蘭展示会』まで12日となりました。

自動車でお越しの場合は、熊谷市役所の駐車場がご利用になれますので、存分にお楽しみいただけます。
なお、会場前の道路は土曜日曜は駐車禁止規制が指定解除されます。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!

素晴らしい色の、金上梅ですね!

梅の花が咲く時期に、咲いてくれるので、そのような名前がついたのでしょうか?素人考えですが・・・・・。

展覧会もあと、一週間に迫りましたね。最近、寒暖の差が大きくて、花の管理も大変でしょうが、お身体もご自愛ください。

楽しみにしています!!

桜島
2017/02/19 10:20
桜島さん こんばんは♪

この蘭は、日本で朶朶香、中国で春蘭と呼ばれる中国大陸産の蘭です。
中国式の命名が相応かもしれませんが、どなたかが日本で名付けたので日本的な名前がついています。

古来、中国蘭にあっては捧芯と呼ぶ花弁が厚くなったり瘤状に奇形になった花に「梅」と名付けたものです。
これは、中国王朝期における抑圧された歴史の中で発生した文化的産物の、いわばグロテスクを美観視したものであり、日本の江戸期における同様理由の歪んだ文化と共通するもののようです。
中国の蘭とはいえ朶朶香は旧来の中国春蘭とはまるで趣を異にするものですし、そもそも中華人民共和国は、大陸で連綿と文化を築いてきた歴代王朝とは無関係であり、今更、古来の名付け様式等に固執する理由も必要性も無い蘭のようです。

展示会が目前となって開花が覚束無い状態の中で、やや開き直っています。

ご都合がつくようでしたら、是非、お出かけください。
彩雲
2017/02/22 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
337 雲南の蘭 朶朶香「金上梅」、、。。 雲南の蘭を楽しむ。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる